業者はどのように選ぶ?

着物買取はその他の分野に比べても高単価になることが多く、思わぬ臨時収入を生み出すことがあります。

 

古い家の場合には自宅を整理した際などによく出てくることがありますが、着物買取に出す際には業者選びが大切です。
日本ではポピュラーなアイテムなので、総合リサイクルショップから専門業者まで多くの店に持ち込むことが出来ますが、持ち込む品物によってはどこに持ち込むべきか最適な場所があります。

 

大衆的な品物の場合、大量生産品なので価格も古着程度のものが多いですが、産地や生地、さらにはデザイナーなど品物によっては非常に高価なものがあります。
こうしたブランド品とも言える品は総合リサイクルショップなどではなく、専門の業者に依頼することをおすすめします。
総合リサイクルショップなどは大量の品をまとめて買い取ってもらう際には便利なのですが、専門の鑑定士が在籍する老舗の方がより適切な価値を見積もった上で着物買取を依頼することが出来ます。
特に知識の少ない方こそ総合リサイクルショップなどではなく、専門の業者に一度持ち込むことで、その品の相場や価値を把握しやすくなるでしょう。
こうした専門業者に持ち込む際にはぜひ付属物を一緒に持ち込むことをおすすめします。付属物には帯や襦袢などが主なものですが、その他にも産地証明書など高級な品になればなるほど付属物が増えることがよくあります。
腰紐や桐箱など種類や購入場所によって付属物も大きく異なりますが、手元にあるものは全て持ち込むことをおすすめします。

 

特に素人の方の場合にはこんなものを持ち込むべきではないと、細々とした付属物を置いてくる方も多いですが、そうした付属物が思わぬ査定アップに繋がることもあるので、ぜひ一緒に持ち込んで下さい。