注意点

着物は古いものでも高額な査定が出ることもある分野ですが、買取の際にはただ持ち込むだけでなく、いくつかの注意点を知っておくだけで査定額のアップが期待出来ます。
高い着物を持っていないという方も、ご実家を整理したり何らかの形で突然出てきたという方も多いので、ぜひ知っておきたい着物買取の注意点について見ていきましょう。

 

まず知っておきたいのは付属物を整理しておくということです。
古着の場合にはほとんどの場合その品物だけしか残っていませんが、着物の場合には帯や腰紐など付属物があることがほとんどです。
こうした付属物は捨ててしまうのではなく、着物の買取の際に一緒に持ち込むことでいくらかの査定額アップが期待出来ます。

 

また持ち込む着物と同じ柄の小物類などがあった場合にも、もし不要ならば一緒に持ち込むと単体ではあり得ない金額で買い取ってもらえることがあります。
また多くの方が見落としてしまうことですが、着物の購入時には保証書や産地証明書が付属していることがあります。特に高価なものやブランド品などの場合にはほとんどの場合産地や使用している生地について説明した保証書が付属しているので、こうした証明書など一式も同時に持ち込むことによりさらなる高額査定が期待出来ます。

 

このように単品で持ち込みを行うよりも、付属しているあらゆるものを同時に持ち込むだけで、十分査定額アップや交渉の材料にすることが出来ます。
また実際に持ち込む前には目に見えるホコリや汚れを取っておくという基本的なことも大切です。

 

もちろん洗濯機に放り込むなど雑に扱ってしまえば取り返しのつかないことになってしまいますが、日陰干しをして消臭剤の臭いを取るという程度のケアならば個人でも決して出来ないことではないので、買取前には少しでも印象を良くする努力をすることが高額査定のコツになります。
着物買取の口コミ・評判を参考にしたランキングはこちら