着物のタイプ

着物姿にが素敵な女性って憧れますよね。
お母さんやおばあちゃんの着物がたくさんあって着てみたいけど、結婚式などの場にふさわしいかわからないという方も多いと思います。

 

一言で着物といってもたくさん種類があり、結婚式に出席する際やホテルなどでの会食にはどの着物が正解なのか少し迷う方もいると思うので、フォーマルシーンでの着物のタイプについてまとめてみました。

 

黒留袖
既婚女性の第一礼装とされる。裾に模様が入っており、背中、両後ろ、袖前胸元に’合計5つの紋が入っている”江戸妻”と呼ばれる着物。結婚式に新郎新婦の母親、既婚の親族が着る正装です。

 

色留袖
”五つ紋”付きの場合は黒留袖と同格の第一礼装です。既婚、未婚に関係なく着ることができ、三つ紋、一つ紋と紋の数を減らすことで訪問着や付け下げと同様のシーンで着ることができます。
親族や友人として出席する結婚式や、格式あるパーティーで着用できます。

 

振袖
未婚女性の第一礼装として用います。長い袖が特徴で成人式や結婚式、フォーマルなパーティーなどで着用します。

 

訪問着
絵羽と呼ばれる模様付けがされ礼装らしく華やかな雰囲気が特徴の着物です。

 

付け下げ
来た時に模様が全て上を向くように絵付けされた着物で、元々は絵羽模様でないとことから訪問着よりも格下でしたが最近では訪問着とほぼ同格の華やかな物もあります。
シンプルなものはカジュアルシーンに着られます。

 

色無地
一色で染められた無地の着物で、紋を付けないものは街着、一つ紋をつければ礼装として正式なシーンで着ることができます。

 

今は安く着物をレンタルできるサービスもたくさんあります。
華やかな場所には是非着物でお出かけしてみてくださいね!